再度山大竜寺(ふたたびさんだいりゆうじ) 宇治野村上方、十八町にあり。坂路一町毎に標石を建つる。古義塾言宗。  
本尊如意輪観世音 行基菩薩作。長二寸八分。中前立同尊 弘法大師作。長二寸五分。
前立同尊 小野篁作。長八寸。 脇士 不動尊・毘沙門天。 
不動堂 石像不動尊を安ず。弘法大師作。 行者堂 役行者ならびに弁財天を安ず。 稲荷祠 当山鋲守とす。本堂の側、岩窟の中にあり。
奥院大師堂 弘法大師を安ず。閼伽井 奥院にあり。大師加持水なり。  
梵字石 同所にあり。大師の所作。 
蛇谷 当山にあり。弘法大師入唐の時、降魔、悪風を興して船を覆さんとす。竜神、大蛇と現じ、渡海の船を守護す。大師求法成就して、帰帆の時もまたしかなり。これすなはち、観音の冥助なりとて、ここに立山し、法楽を捧げたまふに、竜神、大蛇と現れ、この谷に米たる。かるがゆゑに名とす。
弘法滝 麓の標石より三町ばかり上にあり。これに浴する時は諸病を治すと云ふ。 
糸桜滝 弘法滝より一町ばかり上方にあり。滝の水、千筋に流れ放りて、糸桜のごとし。 
小屋場 麓より五町目の上にあり。赤松氏籠城の時、ここに陣営ありしとぞ。 
中地蔵 麓より九町目に石像地蔵尊を安ず。 
それ当山は、はじめ摩尼山と号す。また多々部山ともいふ。北は群山層々として、鳥道危険に梯し、滝の音淅瀝として、笙簧の声あり。南は海水渺々として、漁舟波上に浮かみ、兵庫津の泊船、駅路の行人、その風光絶妙にして、足らずといふ事なし。
そもそもこの寺の由致を聞き伝ふるに、神護景雲二年、亜相和気清麿、老僧を夢見て、宝珠懐に入ると思ふて、如意輪観音の霊像を得たり。その像はすなはち、僧正行基、一鐫三礼にして作る所なり。精舎をここに建てて、尊容を安じ、摩尼山と呼ぶ。これより霊応日々に彰る。
延暦甲申の年、弘法大師、入唐の時、初めて登山し、本尊に求法を願ひ、その後大同年中、意願満足して帰朝ありて、ふたたび登山ありしゆゑに、再度山の号あり。大師、錫をここに駐めて密法を修し、浄水を求めんと欲するに、甘泉忽然として涌出す。今の加持水これなり。また窟中に弥陀・弥勒・文殊・普賢・不動等の梵字を刻す。
星霜累りて後、寇火に遇ふて、講堂灰燼と成り、観応二年、赤松範公、薩堹の勝迹を思ふて梵字を新たに締構す。また田園を数十頃投じて寺産とす。本州名族の裔、比丘善妙を延いて中祖とす。
永和乙卯の春、後園融帝御不例あり。諸僧に勅して、これを禳ふに効なし。善妙に詔命ありて、その法を試むるに、七日にして平愈したまふ。皇、大いに欣悦ありて、宸翰および宝器数種を賜ふ。
善妙逝後に迨んで、戦国と成り、浄殺荒穢す。寛文年中、商都招提寺沙門実祐来居して、興複の志願あり。不幸にして化す。その徒賢正上人、先志を忘れず、今のごとく堂合を創す。毎年三月十八日、観音会を設く。 四方の道俗随喜瞻礼して、群参する事幢々として、あたかも稲麻のごとし。  
HOME > 巻之八 八部郡
inserted by FC2 system