御前浜(おまへのはま) いにしへは、この辺すべて広田郷といふ。今廃して、広田村存す。一名、広田浜ともいふ。古詠あり。
   『風土記』云く、
 神功皇后、摂津国海浜の北岸、広田郷に到る。今広田明神と号するこれなり。また海辺を号して、御前浜といひ、御前澳といふ。
   『矢木』    神垣やおまへの浜の松風に波も打ちそふ里神楽かな   後京極摂政
    同    いさざよき光にまがふちりなれやおまへの浜につもる白雪   俊 成
    同    人はいさわれとはふまじ神垣や広田の浜にふれるしら雪   広 言
    同    あはれみをひろ田の浜にいのりても今はかひなき身の思ひかな   定 家






HOME > 巻之七 武庫郡
inserted by FC2 system