越水古城(こしみのこじよう) 越水村にあり。永正六年の冬、細川高国の属将、瓦林政頼ここに拠る。細川澄元、四国の兵を率し、兵庫および神呪寺に営し、三好元長なして兵を紺部西宮に陣さしむ。高国、丹州・山州の兵を率し、池田に屯す。丹波の守護代内藤貞政、先鋒として政頼を援ふ。同七年正月十日、城東に戦ひ、高国・貞政利を失ふて丹州に退く。二月、城中に糧絶えて援兵到らず。三好修理太天これを墜して、ここを守る。






越水城 西宮市桜谷町
HOME > 巻之七 武庫郡
inserted by FC2 system