猪名(いな) むかし大物の浦より今の伊丹・池田の辺、東は吹田・江口のほとりまで
入江にして通船あり。また所々に島ありて浜湊の名あり。猪名海・猪名浦・猪名浜・猶名沖・猪名湊・猪名中道等和歌に詠ず。
 『夫木』 浜風いたくな吹きそしなが鳥猪名野の海に船とむるとも 鎌倉右大臣
   同  しながとりゐなのの海に船とめて小笹が原の風なまも見ん 隆 房
 『万葉』 しながとりゐなの浦半をこぎくれは夕霧たちぬ宿はなくして 読人しらず
 『夫本』  千鳥なくゐなの浜屋の明がたに笘もる月の影ぞ淋しき 覚円法師
 『千首』 入船の猪名の湊にうかぶなり芝山いづる秋の夜の月 藤原為少
 『万』七 大船にあらしな吹きそしなが鳥いなの湊に船はつるまで 藤原卿
 『新後撰』 風寒み夜や更けぬらんしながとりゐなのみなとに千鳥啼くなり    顕 仲
 『千載』 うきねするゐなの湊にきこゆたり鹿の音おろす峯の松風 隆 信
 『真木』  おもふ人ありもこそすれわすれ草おひけりゆかし猪名の中道 能因法師
   猪名の沖、和歌いまだ考えずといへども『歌枕名寄』に摂津同猪名沖と出でたり。

HOME > 巻之六 豊島郡
inserted by FC2 system