昆陽浦 昆陽入江(こやのうら こやのいりえ) 今なし。昆陽庄いにしへは入江にして、西海に続き、渡海の船ここを往来す。古歌あり。
     『夫木』      津国のこやのうら風音づれて芦の枯葉に秋は来にけり     範 光
      同       茂りあふこやの入江の芦の葉にかくれもやらで行く螢かな     読人しらず







HOME > 巻之六 河辺郡
inserted by FC2 system