法仙寺(ほうせんじ) 小浜にあり。浄土宗。京師知恩院の末派なり。
本尊阿弥陀仏 春日の作。立像。長二尺。
開基は沙門法仙なり。ここに茅宇をむすびて専修念仏を移す。
ある夜西の壁にむかひ合掌して仏号を唱ふ時に、夢ともなく幻にもあらず阿弥陀如来来迎して宜ふ。
汝誠心浅からず、この地において一寺を創しわれを安置すペし。この所有緑の地なりと云ふ。
終はつてすでに明旦に逮ぶ。枕席異香薫じ奇特のおもひをなす所に、和州南部より一人の客僧仏像を負ひ来たつて法仙に与ふ。
これを見れば正しく夢の中の尊容にして春日の神作なりといふ。すなはち一宇を営建して法仙寺と号す。





法仙寺(ほうせんじ) 宝塚市小浜5-10-2
浄土宗 長寿山

本堂 本尊:阿弥陀如来


子安地蔵
HOME > 巻之六 河辺郡
inserted by FC2 system