足形石(あしかたいし)滝の上にあり。岩上に大の足形を彫る。長さ一尺三寸、巾五寸ばかり。傍に庵の跡あり。
俗伝に云く、最明寺入道ここに止錫したまふとなり。またこの東に東方石・西方石あり。
菩薩頭といふ岩あり。千歩沙といふは滝のなかに千歩の平沙に似たるゆゑ名とす。
また金剛窟・竜女洞・盤陀石・大士橋などいふ名蹟みなこのほとりにあり。




井植山荘(いうえさんそう) 宝塚市切畑長尾山4-187
大阪の大冨豪藤田伝三郎男爵の別邸で、戦後、三洋電機創業者の井植歳男氏が入手して井植山荘と号す。
足形石(仏足石)もその庭園内にあるという(非公開)。
HOME > 巻之六 河辺郡
inserted by FC2 system