阿武山(あぶやま)  奈佐原村の北にあり








バス停西塚原下車。武士自然歩道の標識があります。


阿武山大鳥居 自然歩道から100nほどに聳えています。


稲月神社 安威神社の奥の院です。


阿武山山頂 標高280.9m三等三角点です。灌木に囲まれ、山頂からの眺望はかないません。


史跡阿武山古墳の標識昭和58年8月30日 史跡指定文部省 所有高槻市大字奈佐原財産区京都大学 大阪学院大学平成元年3月15日 高槻市建之


阿武山古墳 墓室のプレートがある木立をコンクリートブロックを敷き詰めた遊歩道が囲んでいます。


三角縁三神三獣鏡が大正6年(1917)9月10日に阿武山南東麓の山林で、土中から顔を出しているところを発見されました。
HOME > 巻五 島上郡
inserted by FC2 system