蓮地山和光寺(れんもぎんわこうじ)北堀江御地通にあり。智善院と号す。信州善光寺より数代住職す。
本尊阿弥陀一光三尊仏 金銅仏。長一尺五寸。往昔伊豆国走湯山浄蓮(そうとうさんじょうれん)上人仏告を待て鋳造しけるなり。左の手に刀剣の印を結び、右に施無畏(せむい)の印を結ばせたまふ。
本堂額 和光寺と書す。宝鐘寺宮理豊徳厳皇女の御筆。阿弥陀池 本堂の北にあり。池中に宝堵あり。弥陀三尊を安置す。額は放光閣と書す。池の面には蓮多し。盛には番四方に薫る。 観音堂 本堂の南にあり。普門堂 観音堂に隣る。愛染堂 南の門際にあり。薬師堂 同所にあり。抹香地蔵 東の門内にあり。閻魔堂 同所にあり。地蔵堂 北の方にあり。金毘羅権現 同所にあり。金銅地蔵 池の砌(みぎり)にあり。鐘堂 東門の南にあり。
それ当寺の阿弥陀池は、むかし欽明天皇の御時百済国より仏像経巻を渡す。帝これを尊信ある事大方ならず。しかるに物部守屋大連・尾輿(をこし)中臣連等奏して日く、我が国は神国なり。蕃神を拝したまふ事は天津国津神の御怒あらん。その上この頃疫疾流行て国民大いに悲しむ。早く追ひ放ち候べしとて、有司に仰せて寺塔を斫(き)り倒しあるいは火を放ちて仏像を焼き喪(ほろぼ)す事多し。その中に弥陀三尊火に焦げず、斫れども摧(くだ)けず。 つひに難波堀江に棄てしむ。以上=日本紀』大意。
その後、本多善光といふ者この所を過るに仏告あれば、尊像を肩にして信州へ帰る。今の善光寺これなり。その古跡なればとて、元禄十一年智善(ちぜん)上人この地を闢き善光寺同体の本尊を安置し、むかしよりの常灯を照らして難波の精舎となしぬ。遠近尊信して常に詣人間断なし。 境内には市店軒端を連ね門前の芝居賑しく、世の人寺号を唱へずして阿弥陀池とのみいふはこの聖蹟を賞するの謂ならんや。
『珠林抄』云く「和州高市郡豊浦(とようら)寺のひんがし飛鳥川の西のほとりに入江あり。これを難波堀江といふ。今かすかに遺れり。守屋大連堂塔を焼き仏像をしづめし所なり。むかしはいと広くして庭のかぎりもあらぎりしかば、海にたとへ浦にことよせてあるいは豊浦といひ、また難波江ともいひつたへしなり。
また善光寺の縁起には摂州難波堀江にして仏を感得し奉るといふ。また法隆寺の旧説には大和田難波江決定と侍る。ただいづれの管見さだめがたし」と云々。委しくは『大和名所図会』に出だせり。
  はづかしや蓮に見られて居る心   湖 春
  包まれて水ものびたる蓮かな     野 坡




和光寺(わこうじ) 大阪市西区北堀江3-7-27
浄土宗 蓮池山 智善院
和光寺は元禄11年(1698)堀江新地開発のとき、智善上人が建立した。
本尊は丈1尺5寸の金銅阿弥陀如来である。
境内の池から善光寺(長野)本尊ともいわれる阿弥陀如来が出現したことから、通称阿弥陀池ともいわれ、江戸時代から多くの人々に親しまれている。



本堂
 昭和36年(1961)新築。

阿弥陀池


稲荷


白龍大明神


石塔


不動

HOME > 巻之四 大坂
inserted by FC2 system