神明宮(しんめいぐう) 内平野町に在り、祭神中央天照大神・左八幡宮・右春日明神。
社説云、初め洛西の西院にあり、元和二年松平下総守清旧、祈願成就によつて、此地へ勧請ありしと也。
又摂津志云、当社を窪津王子祠と称す。又渡邊王子ともいふ熊野行幸記に見えたり。
例祭は夏祭は六月廿八日、秋祭は九月十六日也。毎月一六日夜参多し、社頭に末社かずかずあり。



神明神社(しんめいじんじゃ) 大阪市大正区鶴町2-7-29
元和2年京都から大阪蝋燭町(後の内平野町)に遷され、大正13年8月鶴町・鶴浜通・福町・船町の氏神として鶴町一丁目に遷座。




 
狛犬  明治44年3月吉日


拝殿


本殿  祭神:天照皇大神・八幡大神・春日大神


出世天満宮、宮島大神・琴平大神、櫻根稲荷大神


稲荷神社
HOME > 巻之四 大坂
inserted by FC2 system