難波沖(なにはのおき) なにはの海に属すなり。
   『千載』  難波潟しほ路はるかに見わたせば霞に浮かぶ沖の釣船    円玄法師
   『夫木』  霞たつなにはの沖の朝ばらけかくこそは見め春のけしきを    後九条
     同   あしわけのほどこそあらめ難波ぶね沖に出でてもこぎあほじとや    俊 成
              
             
            
HOME > 巻之四 大坂
inserted by FC2 system