関帝堂(かんていどう) 安立町亀林寺にあり。当寺は禅宗曹洞法王山と号す。
開基は心越(しんえつ)和尚、延宝五年の建立なり。本尊毘沙門天は七堂浜より七度に七所より仏体分身して上がる。これを合はせて全体とす。またこの地を築島寺ともいふ。関羽の像は心越和尚大明より将来しける。また什物に関帝君の金印あや。初め水府黄門胸尊信したまふ。水戸祇園寺に安じ、近年ここに遷す

関帝堂跡(かんていどうあと) 大阪市住之江区安立3
延宝然(1677)心越和尚創建の法王山亀林寺境内に、関羽を祀った関帝堂があった。
亀林寺は明治7年(1874)廃寺となり、残った関帝堂も洪水で失われた。
HOME > 巻之一 住吉郡



inserted by FC2 system